あら焚き豚骨 あらとん@限定~味噌伽里つけ麺

20100228091851

味噌伽里つけ麺(あつもり)800円



あらとんのHPでは告知が無かったのですが、味噌伽里つけ麺が再登場。
※以前の限定 味噌伽里つけ麺

前作は野菜入りでカレー味のスープとしてのオリジナル度も高く
とても美味しかったのですが、今回は非常に判り易い味と言うか
ジャワカレー+あらとん辛つけ麺的な味。

当然、誰が食べても美味しく感じるであろう味に仕上がってます。
魚粉なのかスパイスなのかスープにザラザラ感があり、多少違和感が。

前作は割スープと共にバターライスが提供されましたが
その代わりなのか、予めつけダレに米菓子のような物が入ってます。
スープに浸しておいたら柔らかくなるかと思いきや、最後まで固かった


限定メニューですが、標準メニューに加えて欲しいですね。
個人的には前作の方が感動しましたが…


20100228091839

あらとん つけ麺(冷やもり)700円


開店当初からつけ麺は一貫して「あつもり」注文でしたが
確認したい事があり、初めて冷やもりで注文。

温もりは麺同士が絡み合うのを防ぎ、麺の匂いを緩和する為か
柑橘系の油が塗されていますが、冷やもりは必要性が無い?ので
そのままの提供みたい。

冷やもりだと麺の匂いが気にならず、食感や啜った感じも良いけど
スープが凄い勢いで冷めるのがちょっと…

予想通り、麺の温度が違うとスープの印象まで変わります。
強烈なニンニク臭や酸味を感じ、初期のつけ麺のイメージが蘇ると言うか。

温度が違うと麺に絡む成分割合も変わってくるのかもしれません。
どうも他の方のレビューとズレを感じたのは麺に原因があったようです。

美味しく食べるなら間違い無く冷やもりだと思いますが、
個人的に冷たいスープは厳しいので今後は選択が難しそう

あらとんのあつもりは温かいを通り越して「熱い」し、
冷やもりはキンキンに冷えてるのですが、
一度冷水で締めた後に熱湯に一瞬潜らせた程度の「ヌルもり」
が食べてみたい( ゚ー゚)


20100228091845


※過去記事

呉のつけ麺&醤のつけ麺
海老ぼなーら&つけ麺+デカ肉
味噌伽里つけ麺
らーめん共和国
つけ麺
味噌・つけ麺
ひしほのつけ麺
つけ麺
あらとんの生麺
醤油
あら焚きニンニク醤油
つけ麺+味玉
つけ麺&醤油
辛つけ麺&つけ麺
つけ麺
辛つけ麺&つけ麺
辛つけ麺
醤油&つけ麺
味噌
あらびきとろつけ麺
つけ麺
春菜の塩つけ麺
つけ麺
つけ麺
あらとん初投稿



あら焚き豚骨あらとん

札幌市中央区北10条西21丁目15-4
札幌場外市場食堂長屋
Tel 011-612-6312
営業時間 9:00~スープ切れまで(14時以降は要確認)
定休日 月曜 14席 駐車場100台
地下鉄二十四軒駅から徒歩10分
《HP》http://searesh.main.jp/araton.html

ナビタイム地図検索i-modeはこちら
Sapporo ekibus navii-modeはこちら
Google mapi-modeはこちら

20090224033618←クリッククリック


20091205165234
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。