麺処まるは 健松丸@すすきの



豚骨つけめん 500円(オープン記念価格、定価不明)【6】



ススキノの宇明屋・醤油屋一平の並び、東側。
この辺りは取り締まりが厳しく、路上駐車は危険なので駐車場に車を停めます。

豚骨・豚骨魚介それぞれにラーメンとつけ麺。
カウンターには紅生姜・高菜・ニンニク(クラッシャーあり)が常備。
濃厚豚骨魚介は あらとんと佳以外は期待できないので豚骨つけ麺を。


本店のつけ麺もそうですが、こちらは更に絶望的にスープがヌルい

食べ終わる頃には冷たいレベル。スープがドロドロなのである程度は
仕方ないのですが、器を温める等も行っていないようですし、
意図的にヌルくしているとしか思えません。店主の好みでしょうか?

動物系ドロドロがヌルいのは個人的的に無理。


京都製?だかの若干平打ちっぽい麺は特に何も感じなかった
(まともな設定温度のスープであれば印象は違うのかもしれませんが)
のですが、普通に啜ると麺が跳ねてスープが飛び散る。

仕方なく外人のように静かに口に入れて噛み切るしかないので
麺をズルズル!っと食べる醍醐味はありません。(犬食いすれば別ですが)

場所柄、綺麗な服を着た方が多いと思いますので、使い捨ての前掛けの
サービスがあると…


温度設定抜きのスープの印象は、菜々兵衛や過去のeijiにあった限定の
ドロドロスープよりは格段に好印象。

他店のドロドロ系スープは平坦な印象で濃厚にしている意味さえ
分からなかったのですが、これは所謂豚骨ラーメン好きの方は気に入るかも。

他店がカレーのルーなら、こちらはババロアのような舌触り。
意味分かりませんね(笑)天一が好きな方も試してみる価値ありでしょう。

しかし、つけ麺博で食べた博多新風」の美味さには遠く及びません…。
最大の違いは味付け。この手のスープに強い味付けをすると台無しです。


欠点としてドロドロになるまで煮込んでいるせいか粉っぽさを感じます。
茶色の髄まで…苦手な方は無理かもしれません。

豚骨100%だそうですが本当でしょうか?何となく鶏っぽい味もしますし
ゼラチン質を抽出し易い素材、若しくは植物系の素材も併せて使わないと
16時間でここまでドロドロにはならないのでは…?

もしも本当に豚骨のみでこのスープを作っているとしたら大変な労力と
経費が掛かると思われますが、今後質の維持は可能なのでしょうか?


冷たいつけ麺は無理なので今後変わらない限りもう食べませんが、
豚骨ラーメンは是非食べてみたいですね。



麺処まるは 健松丸

札幌市中央区南4条西5丁目6 第2秀高ビル1階
Tel 011ー251ー6777

営業時間 11:00~21:00
定休日未定

ナビタイム地図検索i-modeはこちら
Sapporo ekibus navii-modeはこちら
Google mapi-modeはこちら

20090224033618←クリッククリック





ついでと言っては何ですが、未アップの本店メニューをアップ。



海老のメリケーヌつけ麺 【6】


既に提供終了したメニュー。

海老の美味さは感じられず、具材の選択は意味不明レベル。
何がメリケーヌなのでしょうか?




中華そば 塩 【7】


まあまあ美味しいけど、最近この手のラーメンの美味しい店が増えて…




背脂味噌 【9】


この日の背脂味噌は美味かった。

でも今後、本店のラーメンは若いお兄ちゃんが作るんですよね?
店主が作ってもバラつくので多分、無理でしょう。




塩ラーメン 【6】


普通の塩ラーメンは初めて食べましたが、こちらのお店が中華そば以外、
話題に上らないのも納得です。




チャーシュー丼 【5】


薄っぺらいタレが全然ダメデース。チャーシューもごく普通。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。