2011年のラーメンと出来事

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

昨年同様の形式で2011年を振り返りたいと思います。
長文になりそうなので少しずつ2~3日に分けて更新。



■印象に残った新店

今年も昨年以上の異常とも思えるペースで新店がオープンし、
訪問前に閉店したお店も数知れず…未訪問店は一体何軒あるのやら。


1.ハレル家
こちらのお店は何度もブログに登場してますが、開店当初の訪問時から調理レベルの高さを感じました。ラーメンマニアの評価は芳しくなかったのですが…当時は何の情報も無く知らなかったのですが、ちょうど煮干ラーメンが登場した頃に店主さんが教えてくれた(自分から訊いた訳ではない)情報によると、こちらのお店の方は皆さん元割烹の職人だったそうな。どおりで…あっさり煮干ラーメン辺りからその本領を発揮し始め、限定の秋刀魚・海老・名古屋コーチンのラーメンは素晴らしい出来でした(2011/12現在は海老のみ販売中)。ただ清湯スープ系と較べると白濁スープの醤油と塩は正直、今ひとつな印象があります(味噌は未食)。とは言っても平均以上に美味しいのですが、やはり畑が違うと言うか白濁スープのラーメンは独自の難しさがあるのかもしれません。個人的には得意の正しい魚介出汁のあっさりスープのラインナップに特化した方が良いと思うのですが、札幌では難しそうなので無理でしょうね。※因みに円山の「嬉」も割烹の料理長だったそうで。


2.よしず
こちらのラーメンはコッテリとした魚介鶏豚骨で個人的に好みの味。原価の高そうなスープはもっと高い評価を得ても良いと思うのですが、やはり細~い麺が札幌市民には違和感が強いのかも。最近は麺の仕上げも良く、これはこれで悪くないかも?と感じるレベルになってますが…蕎麦つゆのようなあっさり醤油の進化も期待したい。


3.Super Star
倶知安にオープンしたのは数年前ですが、札幌に移転したのは今年なので新店枠で…。魚介の入らない背脂の浮いた豚骨ラーメンは安価ながらも気合いの入ったスープでとても美味しい。更につけ麺も濃度・味付け共に素晴らしい仕上がりで、もっと有名になっても良いと思うのですが。(客入りは良いみたい)ネックは駐車場で、とにかく電柱が邪魔。


4.三元
久しぶりに家系ラーメンが札幌に登場。麺が違うしパンチが無い…等の評価が多い。パンチが無いという評価は違和感を覚えますが、確かに本来の麺で食べてみたい気もしますが、個人的には今のままで十分満足。意外と高い年齢層の客も多く、人気店になりそう。


5.又造
スープカレーのヒロチャンが業態を変更しラーメン屋に。異業種からの参入故に既存のラーメン店とは異なるアプローチのラーメンは新鮮且つ美味しく気に入りました。又造もそうですがスープカレー店主は洋食出身の方が多いそうで、自己流素人が多いラーメン屋と較べると当然調理レベルは高く不味い物はまず出て来ません。スープカレー業界も相当厳しいようで、今後このパターンのお店が増えると予想します。現に平岸のガラムマサオは「麺屋 高野」というラーメン店に変身するそうな。(1/5オープン予定)楽しみですね。


6.木曜日
こちらはスープカレー店の定休日にラーメンを提供するという斬新なパターン。通常、スープカレー店のラーメンメニューはスパイスの効いたカレー風味のスープですが、こちらのラーメンは自家製麺の本格的なあっさりラーメン。話題になった当初のラーメンは「これの何処が美味いんだ?」と感じましたが、数ヶ月後に再訪問した時のラーメンは麺もスープも格段に進化していてビックリ!とてもこれがワンコインとは思えない出来ですよ。



■印象に残ったラーメン(既存店)

1.かるいち
ラーメン屋ではなく軍鶏料理の店ですが、軍鶏ラーメンのあっさりスープが抜群に美味く、個人的好みにズッポリ嵌った。提供までの時間が長いとか態度が悪い等の評価も見受けられますが、スープに関する否定的な意見はほぼ無いに等しい事からも、レベルの高さがお分かり戴けるかと。どんな人気店でも好みがありますから否定的な意見は少なからず出て来るのが当然ですから。但しそうめんのような麺は悪くはないが決してベストな選択とは思えない。


2.あらとん 北大店
あらとんの支店ながら、本店とはかなり異なるラーメンを提供しています。厨房が狭いせいか出汁よりも味付けに拘ってる印象が強い。更に言うなら無化調にも固執していないと思われ、他店では有り得ない調味料や食材を使用していると思われます。これが結果的に非常に好ましい方向性となり、脳に直に訴える美味しさのラーメンばかり。どれを食べるかいつも迷うのですが、やはりつけ麺が一番のオススメ。本店とは異なるパスタチックな麺もお気に入り。ラーメンは出汁だろ!という考えの方は合わない店かも。出汁なんてのはあくまでも補助的な役割でしかなく、料理は味付けで決まる、と言うのは特に白濁濃厚系スープのラーメンに通じる私の持論ですが。


3.麺修の閉店
残念です。普段醤油ラーメンを食べない連れも気に入っていて…上品なスープでもなくコッテリでもない、ある意味「普通」のラーメンですが、庶民的な味で好きでしたねぇ。同じく閉店した琴線も似た感じでした。分かり易い白濁ドロドロ・油タップリ・魚介風味バリバリのラーメンよりも、バランスの良い普通のラーメンの方が難しいと思うのです。この手のラーメンを出してる店は市内に沢山あるのですが、今のところ代用になる店は見つかってません。


4.鶏白湯
凄く増えましたね。正直あまり好きじゃないんです、鶏白湯。一番の理由は「臭味」。札幌の鶏白湯No.1と言われるけせらせらは洋食の手法で臭味を消していますが、どんなに美味しい鶏白湯でも重いスープで途中で飽きると言うか…頻繁に食べたいとは思わない。所謂とんこつラーメンは好きなので、単に相性が悪いのでしょう。鶏白湯の中でも前述の「けせらせら」以外だと「ふくじゅ」「飛馬」「菜々兵衛」「ゆうじ」は癖が無く食べ易いと思います。




◇2011ランキング

※ブログのレビューではある程度「他の方がどう思うか」も考慮した上で
 評価していますが、以下は私の好みによる独断です。
※既に販売していないメニューもあります。
 
 ①かるいち
 ②ハレル家(秋刀魚SOBA)
 ③あらとん北大店(つけ麺・辛つけ麺・味噌ラーメン)
 ④一徹(醤油)
 ⑤亀陣 (つけ麺有機白醤油)
 ⑥TETSU×さいみ(味噌)
 ⑦黒帯(塩・醤油)
 ⑧荒龍(醤油・味噌)
 ⑨味確認(黒味噌)
 ⑩木曜日(醤油 追い煮干)




◇ラーメン屋に纏わる事件

1.「俺様を誰だと思ってるんだ」

2.「訴えるぞ!」

3.「出入り禁止だったの?(笑)」


関連記事

コメント

非公開コメント

改善点

以前のコメント有り難う御座います!スープのしょっぱさ、おぼんの熱さ改善致しました。スープは全体的に薄く、丼はおぼん提供に致しました。改善点を指摘有り難う御座います!

コメントありがとうございます。

最近の他の方のレビューを見ると高評価のようですね。
改善の影響が気に掛かっていましたが一安心しました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。